【居場所をみつける大切さ】子どもの幸せを願う親へのオススメ絵本。本『にげてさがして』(ヨシタケシンスケ著)の読書感想

読書・映画感想
【居場所をみつける大切さ】子どもの幸せを願う親へのオススメ絵本。本『にげてさがして』(ヨシタケシンスケ著)の読書感想

妻が3歳の子どもへのプレゼントに買った絵本『にげてさがして』

「自分の居場所をみつける」大切さが、かわいいイラストとともに描かれた絵本です。

子どもより、大人に刺さる絵本かも……

「うちの子と同じ表情!」って思うイラストがたくさんで、感情移入しちゃいます。
メッセージも心に染みる……

さっそく、特に印象に残ったことばを2つ紹介します。

¥990 (2022/05/09 08:31時点 | Amazon調べ)

印象に残ったことば

「自分をまもるために、その場からにげること」

「自分をまもるために、その場から逃げること」って言葉が、腑に落ちました。

育児本って、「仲良くしよう」「前向きに生きよう」みたいにポジティブな言葉を発信するイメージがありました。

でもこの本の冒頭に書かれた「にげていい」との言葉に、なんだか腑に落ちるものがあったんです。

「逃げる」ってネガティブな言葉として用いられがちです。

けれど、自分を苦しめる状況に居続ける必要なんてないですよね。

自分の居場所をみつけるためにも、逃げることは必要なことだと思いました。

ひどい人(想像力が欠けた人)に縛られる必要なんて、どこにもないですよね。

「だいじなひとは、本のなかにいるかもしれない。」

大事な人は、思いもかけないところに潜んでいるかも!

自分の居場所は、いろいろなところにある可能性があります。

わたしは、自分の居場所を本」に見つけた経験があります。

精神科医であり、ベストセラー作家である樺沢紫苑さんとの出会いです。樺沢紫苑さんの本と出会い、幸せの価値観が変わりました。

本を読み、自己対話を続けることが、いまのわたしの一つの居場所です。

ほどぼち
ほどぼち

居場所は、現実世界に限った話じゃないよね!

子どもには、さまざまな世界を経験し、自分だけの居場所を見つけてほしいです。

【まとめ】子どもの幸せを願う親へオススメの絵本

人生の幸せは「自分の居場所をみつける」ことだと思います。

「子どもには幸せになってほしい」と切に思います。

だから「にげてさがして」、この世界に自分の居場所を見つけてほしいです。

¥990 (2022/05/09 08:31時点 | Amazon調べ)

【あとがき】この本で、わたしも一つの居場所を見つけました

先日のこと。

交流の場を広げるため参加した読書会で、「にげてさがして」を紹介しました。

すると、読書会に参加した方が、この絵本を買ってくれたとの連絡が!

自分の言葉が届き、しかもお金を出して買ってくれるなんて……

初めての経験で、とてもうれしかったです。

親である私も「にげてさがして」を通じ、この世界にひとつの居場所を見つけた気がしました。

¥990 (2022/05/09 08:31時点 | Amazon調べ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました