凡人の文章力を一気に上げるトレーニング法【文章を模写する】

ブログ運営
凡人の文章力を一気に上げるトレーニング法【文章を模写する】

3度の飯より、

「書く」のが好き!

そんなわたしは、

「すてきな文章」にであうと、

「あぁ、いい文章に出会えてよかったなぁ」

と気持ちが和らぎます。

 

でも、じつは、別の感情もわくんです。

「くやしいっ!」

「わたしだって書きたいっ!」と、

闘争心がメラメラ燃えてくるんです。

 

メラメラ燃えるのは勝手に燃えればいいのですが、

こころ動かす文章をどう書けばいいか、

見当もつきません。

文章の本も、いくつも読みました。

けれど、どうもうまくいかない。

 

「もしかしてセンスの問題?」

「努力してもどうにもならないの?」

 

燃えさかる火は、たちまちくすぶり……

そんな悶々とした日々を過ごしていました。

「模写」という修行法

そんなとき、

あこがれの「文章のプロ」

樺沢紫苑さんと山口拓朗さんが、

文章の修行時代に行っていた

「ある練習法」を知りました。

 

それが

「文章模写」です。

 

「師匠がやったのなら、わたしもやろう!」

わらにもすがる思いで、「文章模写」をやってみました。

ヨシタケシンスケさんの文を模写してみた

模写したのは、人気絵本作家の「ヨシタケシンスケ」さんのインタビュー記事。

 

こころ動かすメッセージを短い絵本で表現できる、

ヨシタケシンスケさんの文章の秘訣を知りたかったのです。

 

模写してみると、ビックリ。

 

1500字の短い文章のなかに、

「良い文章のポイント」が、

ふんだんに、

かつ緻密に、

おりこまれていることに気づきました

 

それはまるで、

ヨシタケシンスケさんの秘密の作戦ノートを、

こっそりと、見せてもらった感覚でした。

 

盗めるテクニックで、ノートはぎっしり!

再現性のある技術を盗む

模写をするメリットは、

「再現性あるテクニックを盗める」ことだと思います。

 

模写していくと、

「なんかステキ」という

抽象的な印象が、

「◯◯だからこころに響くのか!」という

具体的な理解に変わります

 

具体性が増すと、再現できます。

 

「とにかく頑張れ!」って

精神論を言われるより、

「◯◯をこうして」って

具体的に言われたほうが、

実践できますよね。

 

だから、模写をして盗んだテクは、自分の文章に活かせるのです。

凡人でも、魅力ある文は書ける

こころを動かす文章は、

天才のなせるわざとあきらめかけていました。

けれど、

凡人にも、こころに響く文章は書けます。

 

「こんな風に書きたいという人の文章」を、

「模写(マネ)」すればいいんです。

 

まずは、

あこがれの文章を探してみましょう。

 

みつけたら、

書き手の気持ちになり、

文章を模写してみましょう。

 

ちなみに、

わたしは以下を意識し、模写しました。

模写するときの意識ポイント
  • どういう読者・ニーズを想定しているか
  • 文章の目的はなにか
  • どういう反応を期待しているか
  • 構成はなにか(その構成をえらんだ理由はなにか)

 

「学ぶ」の語源は

「真似ぶ」といいます。

 

魅力ある文をマネすることは、

最高の学習方法なのです。

 

あこがれの文を模写し、

自分にしか書けない文章力を身につけましょう!

 

「良い文章のポイント」をあらかじめ知れば、模写の意識もかわります。

そのポイントを学べる本として、

『伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける87の法則』(山口拓朗著)がオススメ▼

 

文章には「型」があります。

それをあらかじめ知れば、模写のときの、構成理解に役立ちます。

文章の型を学べる本として、

『世界一ラクにスラスラ書ける文章講座』(山口拓朗著)がオススメ。

感想文も書いたので、ぜひご覧ください▼

¥1,386 (2022/05/24 15:49時点 | Amazon調べ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました