「お前だけは彼を否定するな」歯を食いしばってきた過去を癒やす

マインド
「お前だけは彼を否定するな」歯を食いしばってきた過去を癒やす

「結局、自分が悪いから」
 
そう言う私に、
妻が言った。
 
「過去の話になると、
 どうしても自分を責めちゃうね」
 
ハッとした。
自分を否定していることに、気づかなかった。
 
私は、仕事を頑張りすぎ、
ストレスから心身の調子を壊し、
休職した。

この1年半、
ひたすらに、精神科医・樺沢紫苑さんの教えを実践してきた。
 
朝散歩、
3行ポジティブ日記、
ジョギング、
情報発信…
 
 
「もうあのときの自分ではない」
「自分は変わったんだ」
 
 
誰かにそう言いたくて、
自分にそう言い聞かせたくて、
 
躍起になり、
自分を変えようとしてきた。
 
その根源には
「過去の自分を否定する」
気持ちがあったのかもしれない。
 
過去の自分。
 
「私は
 何を見て、
 何を想い、
 生きてきたのだろう?」
 
どうしても、
自分のルーツを辿りたくなった。
 
そこで、妻にお願いし、
ひとり、旅に出た。
(快くOKしてくれた妻には、本当に感謝している)
 
 
 
行き先は、兵庫県宝塚市。
小学~中学の幼少期を過ごした場所だ。
 
とにかく歩いた。
当時住んでいたマンション、
通っていた小学・中学校、
通学路、
よく遊んでいた公園…
すべて歩いた。
2万5千歩/日は歩いただろうか。
 
変わっているものもあれば、
全く変わっていないものもある。
変わらずにいてくれた景色が、
「おかえり」と言ってくれ、
強張った心をほぐしてくれた。
 
 
 
元家の最寄りの駅
「中山観音駅」に着き、
ホームのベンチに座った。
 
そこで、
不思議な体験をする。
 
 
対面のホームに、
通学する中学生の自分が見えたのだ。
 
電車で通学していた中学生の私。
成長期はまだで、
背は150cmくらい。
制帽をキッチリと目深に被り、
(置き勉はしないから)
体と同じくらいの大きなリュックを背負い、
マジメそうな顔で、
口をキュッと結び、
こちらを見ている。
 
そのとき、思った。
 
 
「私は、
 こんなにがんばっている彼を、
 否定していたのか…」
 
 
思えば、
小さいときから、
ずっと頑張ってきた。
 
転勤族のため、
小~高校で4回の引っ越し。
新たな環境に溶け込むのに、
いつも必死だった。
 
中学では、
ひ弱だったが、
毎日3~5kmを走りこみをし、
10kmを走れるようになった。
 
高校では、
運動部に所属するも、
まったく上達せず、
惨めで、苦しい想いもした。
 
大学では、
何かを変えたくて、
英国の交換留学にチャレンジし、
世界観がバッと広がった。
 
そして社会人になり、
会社のため、
自己成長のため、
自ら手を挙げ、
見知らぬ環境に飛び込んだ。
 
もともとが不器用で、
うまくいかないことばかりだった。
それでも、
やり抜こうと、
睡眠を削り、
トライを続けた。
 
 
これの何が悪いのか。
むしろ、
めちゃくちゃ頑張っているじゃないか。
 
傷だらけになり、
それでも歯を食いしばり、
前に進もうとする「彼」を、
お前は否定するのか。
 
「変わらなきゃダメだよ」
「マジメじゃ損するよ」って
知った顔で、「彼」を否定するのか。
 
 
そんなの、おかしいよ。
だって「彼」は、
こんなにも頑張っているじゃないか。
チャレンジしているじゃないか。
一生懸命じゃないか。
キツいのに歯を食いしばっているじゃないか。
 
後ろめたさを感じる必要なんてない。
罪の意識を感じる必要なんてない。
 
人には分からないかもしれない。
でも、お前は、
「彼」が、良い人生を目指し、
少しずつ少しずつ、
苦しみながらも歩みを進めていることを、
誰よりも知っているでしょう?
 
 
お前だけは「彼」を否定するな。
世界中が「彼」をけなしても、
お前だけは「彼」を全力で守れ。
 
 
 
駅のホームのベンチで、
涙があふれ、
おえつし、
立ち上がれなくなった。
 
「彼」を否定してきたことが、
辛かった。
 
「本当にごめんね…」と
「彼」に伝えるのが精いっぱいだった。
 
 
 
人は、
失敗を経験すると、
繰り返さぬよう、
自分を変えようとする。
 
成長しようとすることは、
素晴らしいことだと思う。
 
けれど、
そのプロセスで、
過去の自分を否定していないか。
傷つけていないか。
 
過去の自分は、
未熟なりにも、
努力し、
苦悩し、
もがいてきたはずだ。
 
そんな経験や、
背後の努力を知っているのは、
他の誰でもない
「私」だけでしょう?
 
私だけは「わたし」を否定してはいけない。
全力で守らないといけない。
 
過去の自分と出会い、
心の中で、
やさしく、
温かい雨が降り注ぐ感覚があった。
 
「彼」を否定しないことが、
過去の自分を癒やし、
自分を受け入れる
大切なプロセスなのかもしれない。
 
そんなことを実感できた、
初夏の兵庫だった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました